社会の勉強のコツ

大学受験の【社会】の勉強のコツは、次の通りです。

・興味を持つ
・新聞を毎日読む
・地理を確実に覚える

まず、日本史や世界史を勉強する場合、「興味を持つ」ことから始めてください。

興味がないと全く頭に入ってこないので、日本史や世界史の面白さに気付くことが大切です。

歴史の流れをよく理解し、その時にどういったことがあって、どのような時代だったのかを正しく理解しましょう。

そして、政治や経済の問題を解くためには、「新聞を毎日読むこと」が必要不可欠です。

新聞を読むことで、今の日本の政治や経済状況を把握することができ、大学受験に役立ちます。

経済をマスターしたいのであれば、日経新聞がおすすめです。

また、地理は覚えようと思ったら完璧に覚えることができるはずなので、点数を稼ぎやすいでしょう。

「日本の地理」はもちろん、「世界の地理」もしっかりと勉強してください。

こういったことを意識して【社会】の勉強をすることによって、大学受験の結果が大きく変わってきます。原孝洲の木目込みひな人形

歌のトレーニングをする

歌がうまくなるには、「歌のトレーニング」が必要不可欠です。

何もしなければ歌はうまくならないので、毎日コツコツと練習することが大切になります。

例えば、次のような「歌のトレーニング」が有効です。

・音感を鍛える
・リズム感を鍛える
・感情表現を豊かにする

音感を鍛えることで、正確に音程を合わせられるようになります。

音感を強化するには、何度も好きな曲を聴いて、1つ1つの音を確認するといいでしょう。

また、鍵盤楽器を利用するのも有効です。

リズム感を鍛える「歌のトレーニング」をする際は、メトロノームを使うようにしてください。

安い物を買ってもいいですし、スマホアプリなどを利用するのも手軽でいいかもしれません。

メトロノームの正確なリズムに合わせて、体全体でリズムを取るようにします。

感情表現を豊かにするためには、ブレスとダイナミクスの2つを練習するといいでしょう。

リズムに合わせて息継ぎをして、声量に強弱をつけて、歌に感情を込めます。

ちょっとオーバーかもしれないと思うくらい大胆にメリハリをつけると、聞いている人に感情が伝わりやすくなるはずです。

セイバン ランドセル