住宅展示場で床暖房を体感してきました。

間もなく暖かくなる時期ではありますが、まだまだ春の気配はなく、寒い毎日が続きます。
東北地方なんて、お日様がしっかりでていても上空に雲があると平気で雪が降って来ますから、寒いったらありません。
この間、住宅展示場に行ってまいりましたが、最近の住宅ってほんとうに快適ですね。驚きましたわ。
ほとんど床暖房を採用しています。
そして、床暖房の暖かいことと言ったらありませんね。
一度この床暖房を体感してしまうとやめられないですね、暖かくて。
りゅうまちで悩んでいた人が、床暖房のお家に住み始めたらなんと治ってきたというお話も聞きました。
それくらい、冷えは人間にとって良くない物なんですね。
妊婦さんも冷えがお腹の赤ちゃんに良くないですしね。
その床暖房ですが、光熱費はどうなんだろう、電磁波はどうなんだろうといろいろ気になることが沢山。
シミウス アマゾン

ガラスや壁をしっかりと熱が逃げていかない物にすれば光熱費は抑えられるらしいです。
実際に、私がお邪魔した住宅展示場では新築で床暖にしたら光熱費が今までよりも半分くらいになったというお話を聞きました。
昔の建物だと光熱費がかさむけれども、最新の壁やガラスならば大丈夫なんですね。
また、電磁波も温水式にすれば問題なしだそうです。
住宅展示場、けっこう勉強になります。

久しぶりのガーナ割らず食いを堪能しました

バレンタインデーになると会社の女の子たちや知り合いの女の子たちから、それなりの数のチョコをもらいます。今年も10人くらいからチョコをもらったのですが、もらってきたチョコは、だいたいは家族に渡して分けて食べています。でも、板チョコだけは私が独占することになっています。
私の事をあまり知らない方や、仕事上のつきあいの方の場合、だいたいデパートやコンビニなどで売っている3~5個入り位の見た目ちょっと高そうなチョコをくれることが多いのですが、私がチョコ好きだと知っている人たちは、決まって板チョコを渡してくれます。特に赤いガーナや、ホワイトクランキーなど、大人の味ではなく、チョコらしく甘い味の板チョコが好きなのです。その板チョコをちょっとずつ割って食べるのではなく、割らずに食べるのが至福のひとときなのです。
ナイトアイボーテ 通販

子供の手前、あまりお行儀がよくないので子供が寝てしまってから自分の部屋にはいってこっそり食べるのですが、これがまたたまらないのです。さすがに一日に何個も食べられませんが、今年は板チョコを4枚もらったので、4日間楽しむことができました。
普段は板チョコを自分で買う機会なんてほとんどないので、この時期限定の楽しみになります。おそらく体重計に乗れば体重が増えているであろことは間違いないと思いますが、この時期だけの楽しみなのでいいことにしたいと思います。
あれほど多かったチョコたちも、私と家族のおなかの中に入ってしまってすっかりなくなってしまいました。我が家は全員チョコ好きなので残っているはずもありません。あまりの速さにあきれるくらいですが、これも家系なので仕方ないですね。
もらった後にはちゃんと返さないといけません。たくさんチョコをもらって楽しませてもらった時間が長ければ長いほど、お返しの出費も増えてくるわけで、それを考えるとちょっと複雑な思いですが、また来年至福の時を味わえるようにきちんとお礼はしておかなければと思います。